台湾で最も古い都市、台南。オランダによる支配が終わった後、1662 ~ 1887 年までは台南が台湾の行政の中心地でした。日本が都市計画と再建に多大な貢献をしたのは 20 世紀初頭。以来、台南は歴史を誇る観光地として発展してきました。

    アジアの他の都市と比べると規模が小さく、小さな町の風情が残っています。だから、台北の人々からすると台南はのどかな田園地方。寺院や砦、昔ながらのおやつ、伝統的なライフスタイルなどがよく知られています。データによると市内にある道教や仏教の寺院は 500 超。その見事な保存状態もまた、台南の輝かしい過去について多くを物語ります。

    1

    行くべきベストの時期

    台南は亜熱帯気候なので、冬は乾燥していて穏やかです。台南では冬でも雨が降りません。台南を訪れるのに最適な時期は 11 月と 12 月、そして 3 月と 4 月です。1 月から 2 月にかけては気温が 10℃ を下回ることがよくありますので、暖かい服をたくさん用意するか、旅行計画の変更を検討してもいいかもしれません。

    一方、夏季の 5 月と 6 月は極端な暑さと湿度を体験することになるでしょう。台南の夏は 10 月中旬まで続き、この時期は雨が多いのです。この時期の台南の台風は世界でも有名です。それが旅行計画に大きな影響を及ぼす可能性があります。

    2

    台南の歩き方

    台南の公共交通機関は非常に少なく、市内にはバスもほとんどありませんが、市で最もにぎわっている場所ではタクシーをつかまえられます。ここには地下鉄もありません。市内の旅行中は、中国語を読めないと本当に困った事態に陥ってしまうかも。

    台南周辺の移動には、個人的な交通手段を使うのがベスト。運転免許証を持っているなら、1 日約 NT$ 400 でバイクを借りるのが、コストが安く現実的な解決策です。台南での運転には、特に注意が必要です。運転中に誰かに怪我を負わせてしまった場合は、現地の運転に関する法に従い、その人の回復にかかる全費用を負担しなければなりません。

    旅行の計画をスタート !

    Maps