シンガポールでの 1 日

24 時間で遊び倒すシンガポール

    見どころが盛りだくさんのシンガポール。初めて訪れる人にとって、1 日のみの滞在でこの国の魅力をすべて制覇するのはハードルが高いかもしれません。このガイドでは、ライオンシティでの 1 日の過ごし方をご紹介します。この街の多彩なアトラクション、アクティビティ、ショッピング、ダイニング、ナイトライフを満喫できるよう、24 時間以内に詰め込みました。

    このガイドは 4 つのパートに分かれています。午前中はマリーナベイ周辺の観光、午後はオーチャードのショッピングモールでお買い物。夜はディナーへ。そして 1 日の締めくくりは、シンガポールのナイトライフを満喫できる人気スポット、クラークキーでお楽しみください。シンガポールの 1 日が始まりました !

    1

    朝 : マリーナベイ周辺の観光

    シンガポール全体がアトラクションであふれていますが、遊ぶ時間はわずか 24 時間なので、1 か所で満喫するのがおすすめです。ありがたいことに、シンガポールで最も人気のある観光スポットの多くはマリーナ ベイの周辺にあるため、ここから始めて遠くに行かないようにすることをおすすめします。

    ラッフルズ プレイス MRTからスタートして、フラートンロードに沿って歩いていくと、マーライオン パーク (無料) に到着します。ここで旅の大事な写真を全部撮影できます。そこから遊歩道を渡ってエスプラネードに向かって進み、右折するとシンガポールで観光客が最も多い場所の 1 つ、シンガポール フライヤーに到着します。ヘリックス ブリッジを越えたらマリーナ ベイ サンズに到着。ここには最上階の展望デッキ科学博物館など、いくつもの魅力的な選択肢が揃っています。

    一番のおすすめは、マリーナ ベイ サンズの後ろにあるガーデンズ バイ ザ ベイをチェックすることです。ここでは、素晴らしいスーパー ツリー グローブ (無料) と圧倒的なクラウド フォレスト ($16) が同じ複合施設内にあります。

    • 写真
    • 格安
    2

    午後 - オーチャードのショッピングモールでクールダウン

    午前中は、恐らく汗だくになって観光を長時間楽しんだことでしょう。その後にモールに行っても、罪悪感を感じる必要はありません。シンガポールでショッピングを真剣に楽しみたいなら、向かうべき場所はたった 1 つ。巨大なオーチャードロードです。そこにはメガ モールがいくつもあり、その多くは中で繋がっています。つまり、焼け付くような日差しの下を行ったり来たりする必要がありません。

    オーチャードまたはサマセット MRT のどちらかで降りて、イオン オーチャードパラゴンマンダリン ギャラリーなど、この国の主要なショッピング スポットに向かいましょう。ここではランチや軽食も取ることができます。おなじみの KFC やマクドナルドの店舗から伝統的なホーカー、さらには高級レストランに至るまで、少なくとも 100 のレストランがないと、シンガポールのショッピングモールは完成しません。

    • ショッピング
    • 食事
    3

    夕方 - ディナータイム : 高級レストランとホーカー センターのどちらにしますか ?

    シンガポールでの外食は予算によって決まります。この国の多くの高級レストランでは、2 人分の食事とワインをオーダーするだけで、$500 かかります。一方ホーカー センターの伝統的な夕食なら、$10 ほどで楽しめます。

    正直なところ、どちらにも魅力が満載。シンガポールの高級ダイニング レストランはアジアの中でも最高レベルです。華やかな魅力に興味がなくても食事を堪能したいのであれば、控えめなホーカー屋台は失望させることがありません。以下では、シンガポールの最高のレストラン、最高のホーカーの屋台、そして注目すべき 10 の料理をご紹介しています。

    • 食事
    4

    夜 - クラークキーでパーティー

    繰り返しになりますが、シンガポールのナイトライフが楽しめるのは 1 か所だけではありません。ただし安全を優先するなら、パーティの中心地であるクラークキーがおすすめです。この水辺のスポットには「すべての人を魅了する何か」があると言うと、真実を少し誇張しているかもしれませんが (まず混雑や価格物価の高さを嫌う人々は気に入らないかもしれません)、このエリアは確かにシンガポールで最も多様なナイトライフを体験できる場所です。

    水辺のレストランやバーでくつろぎながらシンガポール川が海に流れ込むのを眺めたり、クラゲのような形の屋根の下を通って活気のあるバーを見つけたりしましょう。多くのバーが、21:00 頃までライブ演奏を行っています。真夜中を過ぎてもまだ踊りたりない気分の人たちも、それほど遠くへ行く必要がありません。伝説のズーク クラブは川を上ってすぐの場所にあります。アッティカキャンバスなどの人気のナイトクラブもクラークキーにあり、午前 4:00 頃まで営業しています (カバーチャージが必要です)。

    • ナイトライフ
    5

    宿泊先

    シンガポールで 1 日を過ごすなら何をすべきか大まかに説明してきました。残された唯一の質問は「どこに泊まるのか ? 」です。

    お任せください ! ライオンシティには、一晩宿泊できるゲストハウス (SGD30 ~) から、豪華な五つ星の高層ホテルまで、膨大な数のホテルが揃っています。

    最高級のラグジュアリーホテルや低予算のホテル、地域やタイプごとにホテルを細かくカテゴリに分類しました。以下のリストでインスピレーションを得てください。各ホテルにアクセスできるリンクを使用して、一晩の滞在先を直接予約することをお忘れなく。

    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps