名古屋なら、家族でお出かけする見どころ探しには困りません。子供だけでなく一緒に出かける大人もわくわくするような場所が多いから。世界で一番大きいプラネタリウムを有する「名古屋市科学館」や鉄道好きにはたまらない「リニア・鉄道館」。個性豊かな動物たちがいる「東山動植物園」など、人気スポットが目白押しです。歴史を感じられる場所なら、「徳川美術館」や「名古屋城」を訪れてみましょう。「レゴランド・ジャパン」で思い切り創造力を発揮してレゴで遊ぶのもいいですね。そんな魅力あふれる名古屋の、家族連れにおすすめの見どころをご紹介します。

    1

    東山動植物園

    イケメンゴリラのシャバーニ、「アアーッ」と大声を出すフクロテナガザルのケイジなど、存在感が際立つ動物たちで有名な「東山動植物園」。日本最大級のアジアゾウ舎やガラス越しに見られるコアラ舎も子どもたちに大人気です。ひそかな魅力コンテンツは「世界のメダカ館」。ニホンメダカをはじめとした多種多様なメダカや天然記念物の魚に出会えます。動物たちの元気な姿を見るには、お食事タイムに訪れるのがおすすめ。コアラ 13 時やライオン 16 時など、ウェブサイトに記載されているのでチェックしてみましょう。アクセスは地下鉄東山線東山駅徒歩 3 分。入園料は中学生以下無料、高校生以上の大人 500 円とリーズナブルなお値段も魅力です。チケットはコンビニなどで事前購入可能です。

    ロケーション: 名古屋市千種区東山元町 3-70

    営業時間: 9:00 ~ 16:30 (閉園 16:50) 月曜休 (月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日休園)、12/29 ~ 1/1

    地図
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    写真提供 C1815 (CC BY-SA 4.0) 修正済

    2

    大高緑地公園

    100 ヘクタールの広大な敷地に、ゴーカートで遊べる「交通公園」、ベビーゴルフ、キャンプ場などの施設を備えた「大高緑地 (おおだかりょくち)」。恐竜探検ができる「ディノアドベンチャー」も加わり、子どもたちが 1 日中わくわくしながら遊べるスポットです。入園は無料ですが、ゴーカートは 1 人乗り 100 円、ベビーゴルフは大人 9 時間 250 円、子ども 9 時間 100 円、「ディノアドベンチャー」は大人 800 円、中学生以下 500 円など、施設ごとに利用料金がかかります。アクセスは名鉄名古屋本線左京山下車徒歩 5 分ですが、利用施設によっては歩行時間が異なりますのでウェブサイトで確認しておくと、当日スムーズです。

    ロケーション: 名古屋市緑区大高町字高山 1-1

    営業時間: 営業時間は施設によって異なるのでウェブサイトでご確認ください。 月曜休 (祝日等の場合は翌平日)、12 月 29 日 〜 1 月 3 日休

    地図
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Bariston (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    ナゴヤドーム

    野球ファンなら一度は訪れてみたいのが、中日ドラゴンズのホームグラウンド「ナゴヤドーム」。球場内にはドアラの限定グッズなどが購入できる「ドラゴンズショップ」や、往年の名選手が使用していたグローブなどのお宝を展示している「ドラゴンズミュージアム」があります。ドラゴンズの公式戦が行われる時は 4 人で 1 セットのプライム・ボックス席が発売されるので、家族での観覧にぴったり。前売り券はナゴヤドームのチケット売り場以外にもコンビニやインターネットのチケットサイトから購入できます。アクセスは地下鉄ゆとりーとラインの「ナゴヤドーム前矢田駅」で下車後徒歩 5 分です。

    ロケーション: 名古屋市東区大幸南 1-1-1 ナゴヤドーム

    営業時間: 営業時間はイベントによって異なるのでウェブサイトなどでご確認ください。 不定休

    地図
    • 家族
    • 写真
    4

    レゴランド・ジャパン

    子どもも大人も大好きなおもちゃ、レゴ。「レゴランド・ジャパン」は世界で 8 番目に誕生したレゴのテーマパークです。レゴブロックがどのように作られるかを見学できる「レゴ・ファクトリー」なら、今日から君も、レゴ博士。レゴブロックを使って遊べる「ブリックトピア」やレゴの車に乗って遊べる「ドライビング・スクール」で、レゴの世界に夢中になりましょう。名古屋市の景観を一望できる「オブザベーション・タワー」で、ひと休み。お腹が減ったら、レストランへ。レゴブロックの形をしたポテトやホットドッグなど、メニューもレゴらしさ満載です。アクセスはあおなみ線の金城ふ頭駅徒歩 10 分です。

    ロケーション: 名古屋市港区金城ふ頭 2-2-1

    営業時間: 営業時間は日によって異なるのでウェブサイトでご確認ください。

    地図
    • 家族
    • 写真
    • アドベンチャー

    写真提供 KAMUI (CC BY-SA 4.0) 修正済

    5

    徳川美術館

    尾張徳川家に受け継がれてきた宝物の数々を所蔵し公開している「徳川美術館」。圧倒的な収蔵品の質と量で、どんな年代の人が訪れてもすごい、と声を上げると好評の見どころです。徳川家康の遺産を含む大名道具や多くの国宝、重要文化財、重要美術品を所蔵しており、見せ方も工夫しています。特に二の丸御殿を再現した空間では年間 4 回の大展示替えを行い、甲冑や大奥のきらびやかな調度品の数々を見ることができます。ミュージアムショップは入館料不要で、時代劇でもおなじみの葵の御紋入りのミラーなど、ユニークなおみやげが購入可能。アクセスは市バスが便利で、「徳川園新出来」下車徒歩 3 分です。

    ロケーション: 名古屋市東区徳川町 1017

    営業時間: 10:00 ~ 17:00 (入館は 16:30 まで) 月曜休 (祝日・振替休日の場合は直後の平日休)

    地図
    • 家族
    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Gryffindor (CC BY-SA 4.0) 修正済

    6

    名古屋港水族館

    「名古屋港水族館」はさまざまな海洋動物の生態を観察できる人気スポット。動物たちによるショーやイベントを毎日開催しています。1 番のスターはシャチとイルカで、公開トレーニングやパフォーマンスで空中を飛ぶ姿は圧巻。水槽の中を泳ぐスピードを見ると彼らの運動能力がよくわかります。また、ケープペンギンたちがデッキを飛び出し、しおかぜ広場をお散歩する「ペンギンよちよちウォーク」も、その愛らしい姿で人気のコンテンツ。2019 年にリニューアルした「ウミガメ回遊水槽」には、アカウミガメとアオウミガメ、マイタイが優雅に泳ぎまわります。アクセスは地下鉄名城線もしくは名港線「名古屋港駅」下車徒歩 3 分です。

    ロケーション: 名古屋市港区港町 1-3

    営業時間: 9:30 ~ 17:30 GW、夏休み 9:30 ~ 20:00 冬期 9:30 ~ 17:00 月曜休 (祝日の場合は翌日休)

    地図
    • 家族
    • 写真
    • 格安
    7

    名古屋市科学館

    「名古屋市科学館」は、名古屋を訪れる人が必ず足を運ぶ人気スポットです。ドーム内径 35m という世界一の大きさと映像クオリティを誇る「プラネタリウム」がその人気の理由です。当日券は当日 9:30 から当日すべての閲覧券を一斉に売り出すので、朝早く足を運んで券を確保しましょう。また名古屋市電子申請サービスで一部の座席の予約を抽選方式で受け付けているので、旅程が決まったら申し込んでみるのも手です。密かな人気は「サイエンスステージ」のトークショーで、1 日数回さまざまなステージを企画しています。またここはミュージアムショップも充実しており、マスキングテープやノートなど、科学にヒントを得た面白いアイテムが勢ぞろい。アクセスは地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」下車徒歩 5 分です。

    ロケーション: 名古屋市中区栄 2-17-1 芸術と科学の杜・白川公園内

    営業時間: 9:30 ~ 17:00 (入館は 16:30 まで) 月曜 (祝日の場合は翌平日休館)、 第 3 金曜日休 (祝日の場合は開館し、第 4 金曜日を休館)、 年末年始休 (12 月 29 日から 1 月 3 日) その他臨時開館、休館日がありますので、ウェブサイトでご確認ください。

    地図
    • 家族
    • 歴史
    • 格安
    8

    名古屋港シートレインランド

    「名古屋港シートレインランド」は入園料が無料の遊園地です。利用するアトラクションにのみ、料金を支払う形式なので、気軽に訪れてアトラクションの雰囲気を見てから、何に乗るか決めましょう。港の景色を一望できる「大観覧車」や家族みんなで楽しめるミニコースター「ファミリーコースター」など 16 種類のアトラクションからどうぞ。ブランコに乗って遠心力を体感できる「ファミリースインガー」など、小学生だけでも乗れる乗り物が多いのが人気の理由です。「4 D キング」では、 360 度周囲を囲むスクリーンに、振動や風を感じる特殊効果を盛り込んだストーリーが展開します。名古屋港水族館のすぐ隣にあるので、水族館の帰りに立ち寄って大観覧車で夕景や夜景を楽しむのもいいですね。

    ロケーション: 名古屋市港区西倉町 1-51

    営業時間: 営業時間や休園日は季節によって異なりますので、ウェブサイトなどでご確認ください。

    地図
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Gnsin (CC BY-SA 3.0) 修正済

    9

    リニア・鉄道館

    「リニア・鉄道館」は大人でも子どもでも、鉄道が好きな人にはたまらない魅力あふれるスポットです。展示エリアには日本最高速の蒸気機関車特急 C62 形式蒸気機関車、1996 年に世界最速記録を樹立した 955 系新幹線試験車両を始め、本物の車両をずらりと展示。本物だけが持つ迫力を、それぞれの世代の思い出と共に味わうというのが、この館のコンセプトです。スマートフォンを利用した無料の音声ガイドで、各車両の見どころが分かる嬉しいサービスも。新幹線や在来線のシュミレーターで、車掌さんや運転手さん気分を味わいましょう。ミュージアムショップでは、電車のシールやハンドタオルなどが購入可能。アクセスはあおなみ線「金城ふ頭駅」下車徒歩 2 分です。

    ロケーション: 名古屋市港区金城ふ頭 3-2-2

    営業時間: 10:00 ~ 17:30 (最終入館は閉館 30 分前まで) 火曜休 (祝日の場合は翌日休)、年末年始休 夏休みなどは休館日も開館しているので、詳しくはウェブサイトのカレンダーをご確認ください。

    地図
    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Bariston (CC BY-SA 4.0) 修正済

    10

    名古屋城

    名古屋と言えば近世城郭の最高峰である「名古屋城」。「尾張名古屋は城で持つ」と民謡で謳われるほど、名古屋の繁栄の象徴であり、金のしゃちほこが有名です。城内を見て回るだけでも面白いのですが、毎日「名古屋おもてなし武将隊」と「徳川家康と服部半蔵忍者隊」が衣装に身を包み登場。お出迎えや観光案内、記念撮影を行ってくれて、子どもたちを飽きさせません。見どころを知るには、無料の観光ガイドボランティアと一緒に回るのがおすすめ。アクセスには地下鉄が名城線市役所駅下車徒歩 5 分、もしくはなごや観光ルートバス「メーグル」が便利です。

    ロケーション: 名古屋市中区本丸 1-1

    営業時間: 9:00 ~ 16:30 (ただし、本丸御殿、西南隅櫓への入場は 16:00 まで) 12 月 29 日 ~ 31 日、1 月 1 日 (4 日間) 休

    地図
    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    旅行の計画をスタート !

    Maps